京都でおすすめの鳩駆除業者、自分でできる鳩対策を紹介

自分で鳩駆除をしてはいけない理由をご紹介|京都の鳩に関する基礎知識

  1. サイトトップ
  2.  ≫ 京都の鳩に関する基礎知識
  3.  ≫ 自分で鳩駆除をしてはいけない理由とは?

自分で鳩を駆除してはいけない理由とは

そもそも鳩は、個人が勝手に駆除することができません。

鳩や鳩の巣にあるタマゴ、ヒナは、無許可で捕獲したり、危害を加える事が、法律で禁止されているのです。
家に巣を作ってしまった鳩が、騒音や糞の被害をもたらすからといって、『行政機関の許可なく捕獲したりすることは禁止』されているのです。

鳩は『鳥獣保護管理法』によって守られている

鳩は『鳥獣保護管理法』によって守られている

鳥獣保護管理法は、日本に生息する鳥類や哺乳類を守るために、無許可での「捕獲」「殺傷」「採取」を禁止しており、鳩も鳥類として保護の対象です。
この鳥獣保護管理法により、「鳩」も同様に保護されているので、捕獲や殺傷が禁止されています。

直接物理的危害を加えなくても法律違反

また、直接鳩に物理的危害を加えなくても、法律違反になることがあります。
鳩を追い払おうとしただけでも、「過度な威嚇によって鳩の生命を脅かす行為」として、法律に違反してしまうのです。
鳩の巣を撤去しようとするだけでも、もし確認不足で巣の中に卵があれば、「鳩の卵に危害を加える」事になるので、法律違反となってしまいます。

条例をチェックしてみよう

鳩の駆除の条例をチェックしてみましょう。
各都道府県の条例では、鳥獣保護管理法に基づいて、『鳩』を含めた鳥獣が、認可駆除対象であるかどうかを定めています。
条例で、「鳩」が駆除許可の対象なら、個人で許可申請を行った上での駆除が可能になります。
ですが、そもそも、鳩の自力駆除は、「難易度の高さ」と「法に抵触する危険」も考えればリスクが高いと言えます。
巣の撤去は「高所作業で危険」な上、鳩や鳩の卵は、危害を加える可能性があるだけで、法律に触れてしまうからです。
「身体的な危険」と「法に抵触してしまう危険」を犯してまでの自力駆除は、とてもオススメできるものではありません。

京都でオススメの鳩駆除業者ランキングTOP3

株式会社 グラックス
有限会社 京滋エルシーホーム

【免責事項】当サイトは、管理人が個人的に情報収集した内容を基に作成しています。最新の情報は各サイトにお問い合わせください。

© 2020 京都の鳩駆除業者を徹底比較|失敗しないおすすめ業者選び All Rights Reserved